保存した画像を自動で最適化するための手引(Mac)

Automator

WEBサイトに表示する画像サイズが大きいと、ページが表示されるまでの時間が長くなります。したがって、サイトに載せる画像はメタデータを取り除くなどして極力サイズを小さくする必要があります。今回はその作業をAutomatorとImageOptimを使用して自動化する方法を紹介します。

ImageOptimのインストール

ImageOptimは無料で使用できるオープンソースのソフトウェアです。下記リンクからダウンロードしてインストールしてください。なお、App Storeにもアプリとして存在しますが、有料だったりスクリプトが動かなかったりするので、大元である下記サイトからインストールすることをおすすめします。

ImageOptim — better Save for Web

Automatorワークフローの作成

Automatorで新規にフォルダアクションでワークフローを作成します。

今回はブログ用に、下記のように画像を最適化するだけのワークフローを作成しました。

  1. 指定したフォルダに画像を保存
  2. 別の指定フォルダに画像のコピーを作成
  3. ImageOptimで最適化

スクリプトの引数を”$@”にして、複数の画像にも対応できるようにしてあります。

ImageOptimのUIを表示させたくない場合は、下記のように書き換えることで可能なようです。

/Applications/ImageOptim.app/Contents/MacOS/ImageOptim "$@"

まとめ

JPEGminiやpngquantなど他にも選択肢はありますが、PNGやJPG、SVGなど複数の画像形式に対応しているImageOptimで一本化すると楽なのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました